スクール資料
ダウンロード
うえだみちこ本 表紙1

2021年07月 発売



『本当の自分を大切にする ゲシュタルト的生き方が好き』―出版事例

うえだ みちこ 著

いま、何を感じていますか?
寂しい、怒りを感じている、悲しい、モヤモヤしている、ドキドキしている…

(中略)

私が人間関係につまづいたとき「自分らしい方法ですることもできたと思う」、と理解してくれている人は言いました。そこから自分と向き合う時間が始まりました。そして あるがままの私を受け入れ、「私は私、これが私、これでいいんだ」…そこへたどり着いた時、ようやく楽になりました。

ゲシュタルトセラピーと出会ったことで、ワークをして気づき、そして日常生活のなかで生かすことを続けているうちにとても生きやすくなりました。

この本では、ゲシュタルトセラピーとの出会い、ゲシュタルトセラピーとはどのようなものか、ワークでの気づき。女性たちが痛みを解放し、自分らしく生きていくことを選択するプロセスについてお話ししています。

悩みを解決する、それもありますが、シュタルトセラピーは「生き方」そのもの、と感じています。誰かに言われたわけじゃない、自分で選んだ人生を進んでいくとき、自由であり、時には困難なこともあり、そして乗り越えたときには喜びもあり、そんな人生を歩んでいきたいですね。誰にでもその可能性は広がっています。

選ぶのはあなた、ただそれだけです。
「あなたの人生はあなたのもの」…よりよい人生を生きられますように…願いをこめて。

(Amazonの書籍ページから一部抜粋しています)

この本を書いた思い、読者へのメッセージ

本を書こうと思った時、ある女性たちが浮かびました。「自己肯定感が低い」「承認欲求が強い」「孤独感がある」「自信がない」「いつも不安」…など、ゲシュタルトセラピーを通して出会った方たちです。そして同じように悩み苦しんでいる方へ伝えたい!という思いが湧いてきました。彼女たちが本当の自分と出会い、生き生きとしていく姿を見てきました。その実例を読むことで感じ取ってもらえるものがあると思っています。

私自身が、ゲシュタルトセラピーと出会い生きやすくなりました。本当の自分を大切にするゲシュタルト的生き方がサポートになっています。ゲシュタルトセラピーについて、実際のワーク例を交えてわかりやすくご紹介しています。選択肢のひとつとしてこんなセラピーがあるんだなぁと知っていただけたら嬉しく思います。

あなたが本当の自分と出会い、あなたらしく生きていけますように!の願いをこめて、この本をお届けします。



VM出版スクールで得たこと、おすすめポイント

これが書きたい!というものは、VM出版スクール入学前にはありませんでした。初回のメンタリングで「6ヵ月で1冊、1年で2冊を出しましょう」の言葉に「えーっ!」となりました。ところが不思議なものです。カリキュラム通りに進め、課題を提出していくうちにだんだん形になっていったのです。課題の中に、書くためのポイントがあり、こうしていけばいいんだ、ということを学ぶことができました。

ワークショップではスクールメンバーからのアドバイスはありがたいものでした。また話すことで考えが整理されたり、気づいたりの貴重な時間でした。レビュー会ではフィードバックをいただいて多くの気づきがありました。メンタリングでは励まされたり、方向性を示していただいたり、不明な点を教えていただきました。事務局の方には出版に向けてお世話になりました。事務局、メンバーがいつもあたたかく見守っている、仲間がいることに支えられました。

【本を出したことでの変化】
「言語化」に時間のかかることが、私の課題でしたが、改善されてきました。「本が書けるのだろうか?」という思いから、「次も書きたい」に変化しました。



著者プロフィール

うえだ みちこ

上田美智子(うえだみちこ)

公認心理師/薬剤師
心理カウンセリングルーム『癒しの杜Pax』代表

薬科大学卒業後、医薬品卸を経て調剤薬局勤務。自身の体験をきっかけに、調剤薬局勤務をしながら女性のための心理カウセリングルーム『癒しの杜Pax』を2010年開業。

心理カウンセラー、夫婦問題カウンセラーとして女性と夫婦のためのカウンセリングを通して、女性の「自分らしく生き生きとした人生」のためのサポートをしている。Pax(パークス)は、ラテン語で「安らぎ・平和」の意味。ゲシュタルトセラピーと出会い、より生きやすくなり、もっと学びたい、広く知ってほしい思いが膨らみ、トレーニングコースを受講。さらに現在もアップデートのため学びを継続中。

日本ゲシュタルト療法学会認定トレーニングコース(ベーシック・アドバンス)修了。ともに学んだ仲間とゲシュタルトセラピー北海道を設立し、ワークショップ、勉強会を開催。自然に触れ、自分のなかに起こる感覚を楽しむのが好き。フェルデンクライスのレッスンを受けるようになって、より自分の感覚に気づきやすくなっている。

心理学を基礎から学ぶため、2013年大学(通信課程)入学、2015年卒業。
2020年公認心理師国家試験にチャレンジ。

北海道薬科大学 薬学部卒業
東京未来大学 モチベーション行動科学部(通信課程)卒業

(Amazonの著者プロフィールから一部抜粋しています)

あなたも6ヶ月で本を出そう!

新規受講生募集中!