スクール資料
ダウンロード
古原生美子 書籍1

2021年05月 発売



『【理論編】あなたは知っていますか?! 免疫力をあげ自己治癒力を高める簡単セルフケアがあることを!』

古原 生美子 著

あなたは知っていますか?!免疫力をあげ自己治癒力を高める簡単セルフケアがあることを!それが「深呼吸と手と意識」!! 知っているようで知らない凄~いことをお伝えします!! 脳科学でも裏付け!【理論編】 【自分のトリセツ】

<目次>
はじめに
この本を書くようになった経緯

第1章 究極の呼吸
1-1 呼吸が何故大切かの理由 心臓・酸素不足と栄養の関係
1-2 呼吸のメカニズムを今一度知れば体形や臓器やメンタル系の病気にも関係
1-3 きちんとした呼吸で 交感神経・副交感神経のバランスがとれる
1-4 呼吸の仕方で脳科学が示すα波が発生!リラックス効果&集中力 UP!
1-5 鼻呼吸の大切さ 鼻呼吸は「空気清浄機」の役割をしている
1-6 深呼吸の効果引き寄せの法則の中 植物人間宣告から「深呼吸だけで」生死をさまよう中の生還~

第2章 手の凄さ!
赤ちゃんはスキンシップがないと死んでしまう
あなたは、「Oリング」をご存じですか?

2-1 「手当て」とは
・悲しい時、苦しい時どんな励ましの言葉よりも、肩に手をおいてくれただけで、心が癒されたことはありませんか?
・皮膚を温めると心もあったか~いのは
・痛い時、無意識にその部位を手を当てるのは?
2-2 手は脳と直結している
・手は脳の出張器官 手 →脳 → 手のフィードバック機能
・手を握るとストレスが緩和し、優しい気持ちになるそれは 「癒しホルモン」 「オキシトシン」を分泌するから
2-3 手のタッピングは右脳と左脳のアンバランスを修正する?
2-4 手のタッピングの効果 脳・経絡~
2-5 手のマッサージ
・ツボ押しの効果 自律神経調整
・副交感神経優位~
2-6 手を動かすと認知症防止 脳の神経組織をサポート 老けさせない脳内物質NGF発生

第3章 意識は人を変える
脳はイメージを現実に近づけようとする
3-1 意識とは 気持ちの持ち方だけでも細胞が変化する?
3-2 意識の重要性
・エリック・バーン臨床医の投薬の事例
・エミール-クーエの「プラシーボ効果」
・「うつは意識で治る!」日野原重明氏の名言
・理化学研究所でも解説
3-3 脳と意識の関係 脳の3層構造
 満足しないと脳の働きに歪み(ストレス)が生じる
3-4 意識とホルモン 気持ちの持ち方だけでも細胞が変化する?!
3-5「引き寄せの法則」全ては感謝から始まる 幸せの道しるべ
3-6 人は変えられないが、自分は変えられる ミラーリングで人も変わる可能性がある
3-7 どんなセラピーや、ビジネス、愛も…全て意識から始まる
・殺人も不正も全て意識を換えればなくなる
3-8 意識の持ち方による効果

第4章 だから あなたの身体は自分で戻せるのです!
各実例効果の案内
おわりに       

(Amazonの書籍ページから一部抜粋しています)

この本を書いた思い、読者へのメッセージ

著者本人が、幼少より多くの病気で薬づけでした。息も出来ず生きていたくない程の経験をしてきました。しかし中高年になり多くのセラピーと出会い、健康を取り戻したのです。薬を捨てられたのです。そのセラピーを人ご案内したいと思い、多くの人にする中で驚くような体験がありました。メニエール病の発作が通常4~5時間ある人が30分で楽になったり、パーキンソン氏病の方が車椅子から歩き出すなど。もちろん身体的な肩こり、腰痛等や心身の健康を取り戻す等多くを体験しました。それには医学的・脳科学的にもエビデンスのあるものでした。凄い!多くの人に知らせたい!それは自分一人でできるものです。「深呼吸と手と意識」です。タイトルにもありますが『あきらめないで自分の身体は自分で取り戻せる!』の通り、現在のコロナ禍の社会で生きて行く中、病気になっても入院すらできない今、自分の身体は自分で守るしかありません。こんなに簡単にでき多くの効能あり、脳科学でも裏付けされたエビデンスもあるものを是非とも皆さんにご紹介したく書いたものです。Amazonのkindleの新着「自然治癒力・免疫力」「心理学」のカテゴリーで1位になりました。



VM出版スクールで得たこと、おすすめポイント

VM出版スクールでは、初めての方でも、文章を書くこと、出版する意味から、各種出版に必要なノウハウが時系列で学べるプログラムがきちんとあります。出版する意味を知り感銘し。挫折することなく出版できました。その上で、何よりも心強いのは、同様の志のメンバーとのワークショップで語り合う中で多くの学びがありました。ワークショップの中で物事についての考え方も学びました。そこで自分も人生において成長できたのです。出版する中で重要なのが、本の「目次立て」であることも学びました。それを披露し、スクールの方々の多くのご意見を賜る場も月に一度設けられています。そこで涙が出る位の真摯な多くのご意見から成長できたのです。メンター制度もあり、不安な事や分からない事があっても、相談できる窓口がありとても安心して出版に向けて学んでいけました。最初の出版も事務局の方が丁寧に誘導してくれますので出版できました。一度出版すると基本が理解できたので、2冊目からはもう自分で出来たのです!Amazonのkindleに本がいつでも自分で出版できるノウハウを学びました。



著者プロフィール

古原 生美子

古原生美子(ふるはら きみこ)
1957年兵庫県生まれ。THCトータルヘルスケア代表。
文部科学省の依頼により開発された、メンタルウェルネストレーニング協会インストラクター・メンタルケア学術学会認定メンタルケア心理士・EQWELチャイルドアカデミー講師・健康食コーディネーター他。
2016年よりボイスマルシェのカウンセラー相談員。2018年ボイスマルシェforBIZ法人カウンセラー。各セミナー・セッション開催。四国管区警察局より依頼で講義・実習を開催。「日野原重明氏の新老人の会」のフォーラムでも、日野原氏はじめ1100名の方にセラピーを指導。                            

武庫川女子短期大学卒業。現イオン(株)に入社。21年間勤務。勤務時代に各種の社内表彰を受賞。陳列・販売・接客・粗利額・回転日数・現場の英雄など。元相談役、小島千鶴子氏の全国7名の女性の「ビジョンの会」に選抜。幼少期から入退院数回、多くの病気を患うが、中高年より多くのセラピーにより体調が元に戻る。クライアントは心の訴えを聞いて欲しいことを知り、メンタルケア心理士を習得する。

(Amazonの著者プロフィールから一部抜粋しています)

あなたも6ヶ月で本を出そう!

新規受講生募集中!