スクール資料
ダウンロード

『同志少女よ、敵を撃て』ベストセラー研究読書会(5/12開催、オンライン)

ベストセラー研究読書会

ベストセラーを単に読むだけでなく、参加者の皆さまと共にその本の魅力とは?何故その本が売れているのか?を探る、新しいスタイルの読書会。毎回テーマとなる課題図書を指定し、予め読んでいただいた後、一人ずつ発表していただきます。感想、意見を出し合うことにより、売れる本、興味を持ってくれる本とは何かを研究し、その感覚をブラッシュアップしていきます。

今月の課題図書:『同志少女よ、敵を撃て』逢坂 冬馬(著)、早川書房(2021年)

早川書房:https://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000014980/
Amazon:https://amzn.to/3EFEARI

『同志少女よ、敵を撃て』逢坂 冬馬(著)、早川書房(2021年)

『同志少女よ、敵を撃て』は、【2022年本屋大賞】受賞、第11回アガサ・クリスティー賞大賞受賞…と数々の賞に輝く話題の1冊です。私たちVM出版スクール開催の「売れ筋本トレンドニュース」でも何度か紹介させていただいたので、読んだ方も多いのでは? 5月のベストセラー研究読書会では本作の魅力、売れる秘密を皆で紐解いていきましょう。参加される皆様のご意見、ご感想をお待ちしております。

<講座内容>
1.『同志少女よ、敵を撃て』とはどんな本?
2.『同志少女よ、敵を撃て』が売れている背景
3.売れるための工夫とは?
4.参加者が語るこの本の魅力、感想
5.フリートーク
6.まとめ

参加される方は、事前に課題図書を読まれることをお勧めしますが、もちろん読んでいなくても参加は歓迎です。これから読むつもり、読書会に出てから読むか決める、という方もぜひ気軽にご参加ください。

※参加にも議論に参加してもらいたいので、原則、カメラONでの参加をお願いしますが、通信環境などの関係でやむを得ない場合は画面OFFでも大丈夫です。「聞くだけ参加」もOKとします。
※この講座は参加申込をされた方だけの限定内容です。録音・録画・スクリーンショットなどは禁止いたします。

<読書会 解説&ファシリテーター>

ファシリテーター天田憲明

天田憲明(あまだのりあき)
VM出版スクール マーケティング&セールスチーム
元マガジンハウス副編集長

【略歴】
早稲田大学社会科学部卒
アパレル、出版社を経て、1988年株式会社マガジンハウスに中途入社
書籍編集部(副編集長)、BRUTUS編集部、広告部に在籍
書籍編集部では『幻想神空海』夢枕獏著、『いいひと戦略』岡田斗司夫著、『水木少年とのんのんばあの地獄めぐり』水木しげる作、『自衛隊員が撮った東日本大震災』、『踏むだけダイエット』などを手がける
2021年10月マガジンハウスを定年退職
・趣味:映画、神社仏閣めぐり、食べ歩き、散歩
・特技:ロシア軍隊格闘技システマインストラクター
・ここ1年間で読んで面白かった本:『進化思想』『テスカトリポカ』『京都力』

<開催概要>
■日時:2022年5月12日(木)21:10~22:00
■対象者
出版やコンテンツ企画に関心ある方
■開催方法
・オンライン(zoomを使用します。申込受付メール内にzoomアクセス情報を記載しています)
・定員:最大30名
・参加費:無料
・主催:株式会社バーニャカウダ ボイスマルシェ&VM出版スクール事業部

↓ イベント参加申込はこちらから ↓