スクール資料
ダウンロード
akimoto book1

2021年11月 発売



『キャリアの充実は仕事だけじゃない! 30歳を過ぎて気が付いたこと』―出版事例

秋本 来栖 著

「自分のキャリアって何だろう?」と模索する中で、キャリアコンサルタントの資格と出会い、勉強をしていくと「キャリア=仕事」だけじゃないということを知りました。
また、30歳を過ぎ、アラサーを抜け出した今、これらの訪れる不安は必然的だったのかもしれないと思うようになりました。

「キャリア」という言葉に対して色々考えてしまい、自分を追い込んでしまっているアラサー女性のあなた。本書は、そのような悩みを抱えているあなたにキャリアをプラスの方向に捉えてほしいという想いを込めて執筆しました。本書を通して、「キャリア」に対する考えが少しでも変わり、あなたにとって“居心地のよいキャリア”を見つけるきっかけにしていきませんか?

キャリアについて長年悩み、30歳を越えて気が付いた一人の女性として、一つでも読者のあなたに伝わるものがあれば嬉しく思います。

(Amazonの書籍ページから一部抜粋しています)

この本を書いた思い、読者へのメッセージ

本書は、アラサー世代でキャリアについて悩みを抱えている女性に向けて執筆をしました。
その背景には、私自身がアラサーにあたる30代前後の時期にキャリアについて散々悩み葛藤していた時期があったからです。

「キャリア」という言葉のイメージに対して、私は「キャリア=仕事」だと思っていました。社会人になり、キャリアという言葉に対していつからか敏感になった私は、「自分の人生、充実したキャリアを送るにはどうしたらいいのか」と深く考えるようになってしまっていました。そして、プライベートでは結婚・出産などの様々なライフイベントが目白押しである時期。

アラサーの渦中にいた時期は、様々な決断に迷い、モヤモヤと葛藤し、自分なりにもがいて必死な毎日を送っていました。しかしアラサー世代を過ぎ、キャリアの概念を見つめ直すことができた結果、辛かった時期もまたいい経験だったのかなと、自分を肯定的に捉えられるようになりました。

本書を通して「キャリア」に対する考えが少しでも変わり、悩みを解決できたら幸いです。



VM出版スクールで得たこと、おすすめポイント

言語化能力が身についた。
自分が普段関わっていない方と知り合うことができ、様々な考えや知見を得ることができた。

Q. 編集部からの問い:本を出したことで、どのような変化がありましたか?
自分の想いを発信することの大切さに気が付いた



著者プロフィール

秋本 来栖

秋本来栖(あきもと くるす)

・国家資格キャリアコンサルタント
・著者自身、30歳前後でキャリアに対しての様々な悩みを抱えた時期を経験。アラサーの時期だからこそ悩んでしまう、女性のキャリアを支えたいという想いで本書を執筆。
・自身が掲げるモットーは「好きこそものの上手なれ」・「しあわせはいつも自分のこころがきめる」

<経歴>
1988年埼玉県生まれ。大学卒業後、大手消費財メーカーへ就職。入社時から11年間、営業部で精力的な活動を行い、産休・育休を経てからも営業職として日々邁進中。一方、会社員として働きながら、兼ねてから興味を抱いていた小学校第一種教員免許、国家資格キャリアコンサルタントの資格を取得。さらに自身の出産を機に、子どもや若い女性のキャリアへの関心が強まる。2020年より都内女子大学の社会人メンターとして活動を開始。

2021年よりオンライン相談「ボイスマルシェ」の相談員として、女性の職場復帰に対する悩みを中心としたカウンセリングを行っている。
今後は仕事と子育ての両立に加え、「キャリア支援」の軸も取り入れながら、悩みを抱えている人の課題解決に向けて活動を行っていく。

あなたも6ヶ月で本を出そう!

新規受講生募集中!