Amazon kindle (アマゾン・キンドル) 電子出版をする人が増えています

コロナ禍で自宅で過ごす時間が増え、電子書籍の需要が増加しました。電子書籍は、自宅にいながら自分の読みたいジャンルの書籍を検索できて、すぐに購入、ダウンロードして読み始めることができます。

この電子書籍のニーズに伴って、電子書籍を出版する人も増加しています。従来、「本の出版」といえば、出版社からのオファーがない限り「自費出版」になり、かなりの高額費用が必要でした。会社にもよりますが、数10万円から300万円程度、経営者やエグゼクティブ向けだと数千万円の費用が必要なことも。いずれにせよ、誰もが簡単にできることではありませんでした。現在では、デジタル技術の進歩によってセルフ出版のシステムが可能になり、コンテンツ(原稿)さえあれば、出版社を通さずに誰でも自由に出版できる時代になったのです。

電子書籍の出版でお勧めしたいのは、 Amazon kindle (アマゾン・キンドル)での出版です。Amazon kindle (アマゾン・キンドル) は一般的に知名度も高く利用者数も多く、注目されて購入されています。Amazonでの出版は、紙の本(POD)、電子書籍(Kindle)のどちらにも対応していて、かつ出版社を通さないため、Amazonの規定に沿うものであれば内容や表紙デザイン、価格も自由に設定することができ、好きなタイミングで出版・発売開始が可能です。

これまでの自費出版のように、高額な投資や在庫を抱えるリスクもありません。一般的なパソコンの知識があればAmazonで販売される本の著者になれて、検索されるとベストセラー本と並んで上位表示されることもあります。

仕事で技術を提供していれば、そのブランディング・集客ができ、趣味や体験を書いた本なら注目されてベストセラーになることも夢ではありません。この記事では失敗しない Amazon kindle (アマゾン・キンドル)電子書籍出版の方法をお伝えします。

自分の強みを見つけて本に!今なら間に合うブルーオーシャン

■ポイント1:いますぐチャレンジする!

現在、「Amazon Kindle」では70万点以上の電子書籍が販売されています。 ペーパーレス化の流れも進んできていますし、今後ますます電子書籍は普及していくと考えられます。

インプレス総合研究所による電子書籍市場の動向調査(※1)によると、2019年度の電子書籍市場規模は3473億円と推計され、2018年度の2826億円から647億円(22.9%)増加しています。電子書籍と電子雑誌を合わせた電子出版市場は3750億円になり、2020年度以降の日本の電子出版市場は今後も拡大傾向で、2024年度には2019年度の1.5倍の5669億円程度になると予測されると報告されています。社会のデジタル化が加速して、今後ますます需要が増すと思われます。(※1. 出典:インプレス総合研究所『電子書籍ビジネス調査報告書2021』)

「電子書籍出版」と聞いて、自分に書けるだろうかと最初は誰でもためらわれると思います。紙の本は1冊10万文字程度ですが、電子書籍は一般的に1万~2万文字程度といわれていますので、たとえば2000文字のブログを10本書けるとしたら、それで20000文字です。そう考えると書けるイメージが湧きますよね?

テーマは、ジャンルを問わずいろいろあります。下記のような、読者にとって役立つ情報は特に好まれます。

・自分の体験、「楽にダイエットに成功した話」「V字回復した成功メソッド」
・オリジナルなレシピやメソッド「オリジナル料理レシピ」「人生が変わる財テク法」
・課題解決のヒント「できない習慣を変える方法」「就活成功読本」

そうはいっても、なかなか具体的に行動に移せないかもしれませんが、いまならまだこの電子書籍出版はブルーオーシャン(競争相手がいない未開拓市場です)です。 いち早くこの電子書籍出版のスキルを身に付けて、その可能性に気づいてください。「原稿ができてから」、「もう少し考えてから」ではチャンスを逃すかもしれません。

しっかりしたノウハウを身につけることがポイント

■ポイント2:自分で出版できる確かなノウハウを身につける

Amazon kindle (アマゾン・キンドル)での出版で必要なことはいくつかあります。

・テーマ・ジャンルを決める
・企画と目次立てを考える
・目次に沿って原稿を作成する(説明文やプロフィールも含む)
・誤字脱字などの校正・推敲をする
・表紙の作成
・売れるタイトルを決める
・挿入画像の用意
・アカウントを作成してアップロード

一度覚えてしまえばその手順は簡単なようでも、最初は複雑で自力では誰でも簡単にチャレンジできるとはいえません。 ですからいまはブルーオーシャンなのかもしれません。 それでも自分で出版できる電子書籍出版は魅力的です。

これらの複雑な作業を代行してくれて、簡単に出版できるという業者もありますが、原稿の作り方は指導してくれません。コンテンツは自分で作成する必要があります。

せっかく出版するなら注目されて売れるものにしたいですよね。本を読んだら読者はレビューという評価を書くことができますので、低評価のレビューを書かれないためにも、売れるコンテンツを作れるノウハウを身につけることをおすすめします。

VM出版スクールで学べること

・コンテンツ作成作業のサポート
・本の説明文や著者プロフィールの作成サポート
・原稿の誤字脱字チェック、レイアウトのチェック
・原稿の電子書籍用変換
・KDP(AmazonのKindleダイレクト・パブリッシング)での出版手続き
・原稿や表紙のファイルをアップロード
・タイトルやサブタイトル、カテゴリーなどの売れるマーケティングサポート

VM出版スクールなら、最初の出版で売れるノウハウを学び、並行して、事務局スタッフに教えてもらいながら1冊目のAmazon Kindle で出版・発売する手続きができます。そして一度学んでしまえば、2作目からはこの複雑な出版作業がすべて自分でできるようになります。何冊でも自分で、自由に、コストを掛けずに出版可能なのです。

【VM出版スクールに興味をもったら】
→ VM出版スクールのカリキュラム
→ VM出版スクール案内を見る

1冊で終わらない・学びをリアルタイムで発信

■ポイント3:1冊で満足せずに時代のニーズを読んで何冊も出版する

Amazon kindle (アマゾン・キンドル)では Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)といわれる、「本の読み放題サービス」があります。読者が毎月の定額料金を支払うことで、読み放題対象の書籍がジャンルを問わず無料でいくらでも読めるサービスです。無料で読めるので、利用する人が増えて読んでもらえる可能性も高まります。

SNSが浸透した情報社会の現在では、読者は常に新しい情報や課題解決方法を求めていて、社会で起きている問題、注目されているワード、まだ浸透していない新しい価値、これから流行るものなどの情報を求めています。特に読み放題サービスはこの情報収集を促進します。

必要とされる役立つ情報を電子書籍で発信すれば、読者のアンテナにヒットしてベストセラーになることもあり、ブログをコツコツと書くよりもブランディング効果は大きいといえます。

読者にメールマガジンや、公式LINEアカウントなどに登録していただき、関係構築をしてファンになってもらうことで、商品サービスを購入してもらう流れを作ることもできます。

一般的に出版社を通す本の出版では、企画・構成などの打ち合わせを含めると出版まで最短でも6ヶ月が必要ですが、流行りや読者のニーズは半年後には変化しています。

一方、自分で出版できるスキルを学べば、テーマを決めて原稿作成、出版まで1ヶ月あれば可能で、リアルタイムの情報発信で売れる仕組みを加速することができます。1冊だけでなく何冊も出版することで、書籍の印税収入も増加して収益を得ることができるのです。もちろんVM出版スクールの受講生も1冊だけでなく、ノウハウを生かして複数冊の出版を経験しています。

仲間とサポートがあれば学び合える

■ポイント4:一人ではなく仲間と学び合う

これまで電子書籍出版で失敗しないためのポイントをお伝えしてきましたが、「出版ってそんなに簡単にできるの?」と疑問を持たれるかもしれません。確かにテーマを決めて企画を練ることは時間が必要です。それよりもテーマ自体が決まらないこともあります。

他の人からの視点で気づきが生まれる

VM出版スクールではワークショップといって、書きたいテーマや企画についてお互いに話して意見交換する場があります。話すことで自分の考えていることを整理できて気づきがありますが、受講生から新しい視点のアドバイスをもらえることで、企画がより良いものにブラッシュアップできます。

またテストマーケティングのように、原稿執筆に入る前、自分の最終著書プランを受講生に発表してアドバイスをもらえる機会もありますので、読者目線の客観的な意見を聞けて原稿作成に生かすことができ、「失敗しない出版」を目指します。

一人で出版に向き合うと難しいことも、スクールで仲間もチャレンジしているから自分も頑張ろうとモチベーションが上がることで、出版というゴールに一歩一歩近づいていきます。

こうして作り上げた1冊目の出版は突破体験です。突破体験は成功体験となり、本を出版した後から見えてくる景色があります。自分の活動に自信が持てるようになり、自分の強みに気づくことができます。

トライアンドエラーで、1冊目の出版で学んだことを次の著作に生かすこともできます。出版で人生の捉え方が変わり、世の中のニーズを探すという編集者の目線で出版欲が出る人もいます。

人生100年時代を豊かにできる。
VM出版スクールは仲間と学びあえる大人の自己実現塾です。仲間と共に、あなたの人生を輝かせることができるVM出版スクールへ参加しませんか?

↓ 電子書籍出版を学ぶことができる『VM出版スクール』案内資料はこちら ↓